和歌山のたねなし柿で秋バテを乗り切ろう!

和歌山のたねなし柿で秋バテを乗り切ろう!
beauty & health
KAKI RESCUE

柿史上初!
和歌山のたねなし柿が
ジャパニーズ
スーパーフードに認定!

和歌山県は柿の生産量が全国で量も多く、
特にたねなし柿を中心に栽培しています。
たねなし柿は甘くてまろやかな口当たりが人気で
和歌山県では9月上旬から収穫が始まり、
9月下旬から収穫作業はピークを迎えます。

残暑が厳しい9月から収穫がはじまるため、
秋バテ予防にぜひ食べてほしい
「ジャパニーズスーパーフード」として、
日本スーパーフード協会が推奨する果物として
認定されました。

これからの忙しい現代の暮らしでは、
より手軽にストレスなく食事をすることが
求められており、
「和歌山のたねなし柿」は、
種がないことで、ビジネスパーソン、
お子様、シニアの方まで、
安心して手軽に食べられるということも、
現代のライフスタイルにマッチしています。

日本スーパーフード協会って?

2014年1月に設立された協会で、単なる自然食・健康食としてのスーパーフードではなく、「食・美容・運動・暮らし」といった複合的な角度から自然のパワーを取り入れて、心身共に健康で幸福な状態を総合的に高めていくという「ライフスタイルとしてのスーパーフード」を推奨しています。スーパーフードが一過性のブームで終わることなく、「スーパーフードのあるライフスタイルを永続的に定着させること」を目標に、スーパーフードを普及・啓発する活動を行っています。

栄養満点の
「和歌山のたねなし柿」で
秋バテ予防を!

“秋バテ”とは、夏の暑さが和らぎ、
秋を迎えた頃に現れる症状で、
1日の気温の寒暖の差による
自律神経の変調が起こす
食欲不振、倦怠感、睡眠不足、
肩こりなどの
症状であると言われています。

古くから、
「柿が赤くなれば、医者は青くなる」と言われ、
夏を超えて秋を迎える頃に果実が成熟し
摂食が可能になることから、
柿は夏の暑さにバテた体に
タイミングよく栄養を供給できる果物として
認識されてきました。

2020年7月には
日本スーパーフード協会からも
ジャパニーズスーパーフードとして
認定されるなど、
その栄養価の高さはますます評価されています。

このように“秋バテ”に良いとされる
柿の中でも、
日本一早く成る
「和歌山のたねなし柿」を取り入れて、
これからの季節に起こりうる
“秋バテ”に備えましょう。

栄養豊富でおいしい「和歌山のたねなし柿」を
ぜひお召し上がりください。

KAKI×BEAUTY
肌の”秋バテ”にも
柿がオススメ!
柿で内も外も美しく!

元ミス・ユニバース・ジャパン
公式栄養コンサルタント

エリカ・アンギャル / ERICA ANGYAL

1969年オーストラリア・シドニー生まれ。シドニー工科大学卒業、健康科学学士。
ネイチャーケアカレッジ卒業(栄養学)。2004年から8年間、ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントとして世界一の美女を目指すファイナリストたちに「美しくなる食生活」を指南。栄養学、薬理学、生理学など予防医学における幅広い専門知識を駆使し、”内側からより美しく、心も身体も健やかに輝く”をテーマに、ハッピーな毎日のための食とライフスタイルを発信する。著書に『スーパーモデルの食卓』『ラブダイエット 〜スイーツなしで体と心を満たす美の教科書〜』『和食の食べ方を知れば、女性はもっと美しくなれる』などがある。
  • 01
    柿×緑茶で
    柿が持つ
    美の
    パワーを知る
  • 02
    ダイエット中の
    間食に柿は
    おすすめ
  • 03
    柿でお肌の
    秋バテを防ぐ
  • 04
    スーパーフードは
    毎日の食事で
    取り入れて
  • 05
    柿で心も
    身体もハッピーに

KAKI×HEALTH
心身ともに効く!?
秋バテに
おすすめの
回復アイテム!

近畿大学 農学部

米谷俊 (こめたに たかし)

京都大学大学院農学研究科修士課程修了(食品工学専攻)。京都大学農学博士。
江崎グリコ(株)に入社、健康科学研究所 所長などを経て現職。
2018年より日本食品科学工学会関西支部 支部長。日本農芸化学会でも委員を務める。
  • 01
    「柿」の機能性
  • 02
    「柿」の栄養成分
  • 03
    「秋バテ」
  • 04
    おすすめの
    食べ方
  • 05
    JA和歌山さんの
    「KAKI RESCUE」
    取り組み